結局何か作ろうとする

美唄 陶芸

「うーん、ちょっと飲んだら眠くなるだろう」と思っていたけどそんな雰囲気にもならず、結局ろくろを車から持ってきて夜な夜な作陶。

良い物作れているのかはわからんけども、自分が良いなと思ったものを形にするのは一番楽しい時間な気がする。

もしこれが本当の陶芸家だったら本当に辛いんじゃないかな。
僕みたいにやりたてで、何もわかっていない状態での作陶ってのがもしかしたら一番楽しいかなとか、そんなことを思う金曜の夜。