尾崎放哉のよう

相変わらず寒い我が家。
ただ、奥さんが言うほど寒くないよな、俺パジャマだけど平気だもん、と思っている。

昨日奥さんが帰ってきて、明日の昼にはまた札幌に戻るんだけど、どうにもこの自宅の寒さが大変みたいで家の中でものっすごい厚着をしている。
二人でミルクティを飲み、ちょっと話をして朝食に何か食べようか話していたら、奥さんが立ち上がってキッチンに何か取りに行った。

そして戻ってきてすぐにストーブの前に立ち、そこでぼそっと「ちょっと動いたら寒い」とだけ言った。

僕は「尾崎放哉か」と言って、二人で笑った。